ま、やってみるか!
男の同性愛者(ゲイ・バイ)が、書いたり描いたりする自己満イラストBlog。
プロフィール

げんじ

Author:げんじ
男の同性愛者のような人です。

オタになれない中途半端な人。基本は食うのと描くのが好きな変な野郎。気軽なコメント大歓迎!おぢさんは男女気にしないよ(・3・)

【メール】なにかあればお気軽にどうぞ。(すぐ返信できる保証はないですが;)
gentei97★yahoo.co.jp (★⇒@)

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つらさを乗り越えた分暖かさが強くなる
15枚のレポート今日中に書こうと思ったのに、結局ゲームとPCで・・・休日\(^0^)/オワタ

だって月~火曜日でテスト終わって、やっと休めると思ったら土曜日講演会で1日潰れて、それで日曜日を迎えたんだ。もう「勉強机に行くの(’A`)メンドクセ」状態。キヒヒ、サーセン


講演会は作業とか多かったからそんな長ったらしく感じませんでした。( ^^ω)ホマホマ
にしてもいいこといってたな~

講師が自分の経験をもとに作ってきた詩なんですが、

「太陽はいつも暖かい。いつも当たり前のようにそれをあびてきた。ある日、その『当たり前』が、突然できた大きな壁で遮られた。そのせいで私は陽を浴びれずにいた。ただ、それでももう一度、あの陽を浴びたい。だから私は壁を登った。長い間、登り続けた。手が痺れ、なんども滑った。何度も落ちては、何度もふりだしに戻った。それでも私は諦めなかった。

ついにわたしは壁を登りきった。あの、太陽の下へとでることができた。ふと後ろを振り返る。あれほど高く、険しかった壁は消え、残っていたのは私の足跡だけだった。壁は消えたが、わたしがしてきたことは消えなかった。

けっして軽くはなく、ずっしりと重い、私の戦ってきた証。

太陽を見上げる。なんともない、いつもの暖かさだと思っていたのに、冷え切った私の身体には最高の暖かさだった。

太陽とは、こんなにもあったかいものだったんだね。」



もうこの詩読んだ後は場内は大喝采でした(つ∀;)イイハナシダー




ああ、あとは絵も描いてました。途中放棄したけど…(ノ∀`)アチャー
OB00yud0002.png

久々?にSFというか個人趣味(オリキャラ)の絵です(女ですが)。ぶっちゃけ三次元の人が着る服よりゲームキャラの服描いてるほうがおもしろかったり(*^ω^)ウヒウヒ

↓ところで押してみないか?
FC2 Blog Ranking


明日からまた学校・・・\(;´Д`)ノシ≡3ヤダヤダ
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://droots97.blog97.fc2.com/tb.php/191-247003cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。